リブ・アルウラー・ジェイコが2024シーズン向けの新チームキットを公開

2024年1月2日

チーム/ライダー

Livは2024年グリーンエッジ・サイクリング(GreenEDGE Cycling)とともに、女性がワールドツアーでレースする夢を実現する道を提供することに邁進します。昨年までLivがサポートしていたリブ・テックファインド(Liv Racing TeqFind)とチーム・ジェイコ・アルウラ―(Team Jayco AlUla)は、2024年一つのチームとして統合され、リブ・アルウラ―・ジェイコ ワールドチーム(Liv AlUla Jayco WorldTeam)とコンチネンタルチーム(Continental Team)として新しいスタートを切ります。 両チームは同じジャージを着用し、同じバイクに乗り、Livからの同じギアサポートを受けて競います。

LIV ALULA JAYCO WORLDTEAM
9カ国から16人のアスリートが集結し、バランスの取れた強力なチームを結成。女子ロードレースのトップレベルで競い合います。

LIV ALULA JAYCO CONTINENTAL TEAM
成長と育成に重点を置き、8カ国から9人の選手がサイクリング・キャリアを次のレベルに引き上げる準備を整えます。

ライダーたちは年間を通じて、以下の2つの主要なチームバイクのいずれかを選択する予定です。

ENVILIV ADVANCED SL
ENVILIV初のADVANCED SLグレードのカーボン素材が使用され、エアロ性能、軽量性、高剛性、快適性、すべてを高いレベルで実現する至高のエアロレーシングバイク。ステージレースの逃げからクリテリウムの最終ラップまで、ENVILIVはレースの先頭を走るためにデザインされています。

LANGMA ADVANCED SL DISC
女子ワールドツアーレースで多くの優勝実績を誇るLANGMA(ランマ)。プロチームからのフィードバックに基づき開発されたフレームは、反応性・コントロール性の向上と同時に軽量化を実現し、エアロダイナミクスに優れるチューブ形状により高い効率性を実現しています。

またバイクにはShimanoドライブトレインとCADEXのホイール、サドル、タイヤを装備し、ライダーはLiv Rev Proヘルメット、Macha Proシューズを使用して戦います。

今年のチームについて詳細を知りたい方は、https://www.greenedgecycling.comをご覧ください。

Share